夜間救急病院で一夜を明かした夫と私

2月11日(金曜日)23時40分頃

こてつが 「ワンワンっ!!」 と吠えるので、
何時もの調子で「オシッコか?」と思い庭に連れ出しました。
暫く様子を見ましたがオシッコをする様子がなかったので家に戻り、
小腹が空いたのだろうと大好きなゴン太のささみジャーキーを1枚あげました。
これは1日に何回も繰り返されるいつものパターンです。

ところが、
こてつが突然
「ワンワンワンワン!!」 と尋常じゃない叫び声と共に大騒ぎを始めました。
いつもはトボトボしか歩かないのに、ウサギのように飛び跳ねながら吠え続けます。

ささみジャーキーをのどに詰まらせたのかと思い、
夫が分厚い革の手袋をして確認しようとするのですが、よく分かりませんでした。

5分程様子を見たのですか、全く落ち着く様子がありません。

もう病院に連れて行くしかない・・・

しかし、一人ではとても連れて行けるような状況ではありません。

怪獣さまとプリンセスを起こして連れていけるような時間でもなく・・・
困った私は、とっくに深い眠りに着いてるであろうは母に来てもらうことにしました。

慌てて準備をし、
実家に母を迎えに行き、
病院にたどり着いたのは午前0時20分頃。
その間にもずっとこてつは叫んでました。

すぐに診察してもらったのですが、
どうやらジャーキーが刺さったりしてるわけではなさそうな感じ。
落ち着かせる為に鎮静剤?と脱水症状改善の点滴をしてもらって暫くすると、
ウソのようにおとなしくなり、落ち着き、眠り始めました。

先生からの説明は・・・
「このような症状が何回も出ると頭の病気が疑われますが、
 1度だけでは判断できません。
 薬の効果はそんなに長くありませんので切れた時のこともありますので
 このままここで暫く様子を見ましょう。」
とのことでした。

a0090451_1223851.jpg


私と夫はこてつを見守り続けました。

幸い発作?は起こらず、うとうと眠ったり目を開けたりを繰り返すこてつ。
診療時間は午前5時までだったののですが、説明や会計待ちで気がつけば午前6時。

「明日、かかりつけの病院に必ず行って下さい。」 という指示と、
発作用の薬をもらい帰宅しました。

家に帰ってからのこてつも状態は安定していて、
心配になるくらいずーーーっと眠ったままでした。


指示通りかかりつけの病院に行こうと思ったのですが、
休みだったので以前かかっていた大きな病院へ行き診察してもらいました。
診断の結果は救急病院で言われたこととほぼ同じ・・・。

「頭の中の病気であるならMRIで検査をするしかないのですが、
 費用もかかるし予約も必要です。
 こてつ君の場合はかなりの高齢なので全身麻酔に対するリスクが高いです。
 まずは1週間ほど様子を見ましょう。
 その間、自分で食事を摂れないようであれば点滴に通って下さい。」

とのことでした。

その日は点滴の為に夕方まで病院にこてつを預けました。

この騒動により、12日に約束していたTARO君との約束をドタキャンしてしまいました。
嗚呼、又してもドタキャン・・・。
aloalo8一家は今年もドタキャン一家です(涙)

現在のこてつは、
2度目の発作を起こすことなく、
少量ではありますがご飯を食べ、
自分で立つことが出来るまでに回復しました。

もう点滴の必要はなさそうなので、
右手に刺したままの点滴用の針を明日(あ、もう今日か)取りに行きます。
明日は夫が仕事なので、怪獣さまとプリンセスも連れて行かねばなりません。
それを考えたら心臓がバクバクです。


a0090451_1272837.jpg

このまま元気になってくれることをただただ祈るばかりです。
散歩には行けないけど・・・こんなふうに庭でのんびり過ごしたいです。

怪獣さまが言いました。
「こてつはあお達が守ってやらないかんね!!」
分かって言ってるのかどうかは疑問ですが、
こてつを家族の一員と認識し、大切に思い、心配してる気持に
胸がいっぱいになりました。

こてつは怪獣さまの心を育ててくれてるんだなぁ・・・。
ありがとう、こてつ。
[PR]
Commented by ken at 2011-02-14 07:23 x
アロハ!aloalo8さん

まずは、こてつ、大事なくて良かったですね。

そして、最後の写真とaloalo8さんのコメントの奥の奥にある想いが一致しているようで。。。
生き物たるもの生き死にはつきものですが、必要な試練のような気がします。
何が言いたいのか自分でも分からなくなってきましたが、とにかく、こてつには少しでも長生きしてもらいたい、そう思うのです。
Commented by ゆかPON at 2011-02-14 09:17 x
心配やね…
ほんと、動物ってなんも言わんけど、なんと大きい愛を持っているのかと思うことがあります。
Commented by nyankorolin at 2011-02-14 20:04
心配ですね、こてつ君(・.・;)
体調、その後いかがでしょうか。
こういうときはホントに愛犬愛猫たちと言葉が通じたらいいのにと思います。
でも、言葉は通じなくても、怪獣様はじめご家族の皆さんとしっかり絆が結ばれているんですね。
Commented by aloalo8 at 2011-02-15 15:10
★kenさんへ
アロハです、kenさん。

ご心配、本当にありがとうございます。
今は…少しでも長生きして私たちのそばにいて欲しい気持ちと…
苦しんで欲しくない…ただそれだけです。
悔いの残らないよう、介護したいと思います。
Commented by aloalo8 at 2011-02-15 15:14
★ゆかPONへ
心配してくれてありがとう。
取りあえず今は落ち着いたけんホッとしとる…。
2度目が無いよう祈るばかりよ…。


Commented by aloalo8 at 2011-02-15 15:14
★nyankorolinさんへ
ご心配ありがとうございます。
nyankorolinさんも同じような気持ちなんじゃないかな…って思いました。
普通の会話はできなくてもいいから、
今一番どうしてほしいのかの時だけでも、
言葉が通じたらどんなにいいだろう…って何かある度に思います。
Commented by べっぴん at 2011-02-26 13:04 x
アロハ☆
はじめまして、TARO君のところからやってきました。
奈良のべっぴんです(つうか自分でべっぴんって言うなよって感じですが、これにはちょいとわけが・・・)

我が家も去年の5月からわんちゃんを飼いだして、犬と同居の生活にどっぷりはまってしまってます。

こてつ・・・とても他人事とは思えず・・・
動物って喋れないから、ここが痛いとか言えないし、苦しい姿って切なくなるよね。
少しでも回復しますように。
Commented by aloalo8 at 2011-03-01 01:16
★べっぴんさんへ
はじめまして!!
遠いところ?ご訪問ありがとうございます。

ワンちゃんとの生活ですか!!
毎日癒されるでしょ~♪
これから沢山の素敵な思い出ができますね!!

こてつは喋れないから…最近よく吠えるようになってしまいました。
これが結構大変で…。
でも、吠えるのは元気がある証拠だから…って思うようにしてます(笑)
by aloalo8 | 2011-02-14 01:32 | | Comments(8)