感動

鳥肌の立つような出来事がありました。

私が勝手に身内のように思っているPALさんの息子さんのお話しです。

彼が私たちに将来の夢を語ったのは中学3年生の時でした。
夫の職業に関係のある夢だったので、
できる限りの協力を!!と思いつつも、私たちは何の役にも立ちませんでした。

あれから6年・・・。
彼は何度も壁にぶち当たりながら・・・
ぶち当たる度にその壁を突きやぶって・・・
遂に!!
働きながら努力に努力を重ね、
超超超難関の試験をパスし、自らの手でパイロットへの道を切り開きました!!

a0090451_1773223.jpg


私たち夫婦は何の力にもなれなかったのに思いっきり身内気分で、
合格発表の日が近づくにつれ毎日がドキドキでした。
そのドキドキはいつしか
「落としでもしようもんなら・・・」 と徐々に怒りに変わり、
最後は、「もういい、祈ろう、とにかく祈ろう・・・」 でした。

私、自分の子供の時はどんだけドキドキするっちゃろ・・・。


中学卒業と同時に親元を離れ・・・
学校の寮に入りながら文武両道の日々・・・
一度や二度ダメでも倒れない不屈の精神・・・

どうしたらこんなに強い心を持てるんだろう。

それは母親の生き様?を間近に見てたからじゃないかと思います。
私も・・・怪獣さまとプリンセスに力を与えられるような生き方をせねば!!

そう強く思ったのですが・・・これが・・・既に弱気・・・。(しっかりせんかっ!!)


彼のこの6年間に感動をもらいました。
ありがとう。

そして・・・私も二人の子を持つ親として・・・
苦悩する息子を見守り続け、応援し続けたPAL夫妻にも感動しました。
もし自分が親だったら・・・見守ることができただろうか・・・。


中学生だった彼も今では20歳・・・。
今度ゆっくりお酒でも飲みましょう!! (って、迷惑やろ)

最近、若い子に刺激もらいまくりのオバサンなあたし・・・。
うおっしや!!
あたしも頑張るゾーーーっ!!

(何を?)

・・・・・・・・・・・。
[PR]
Commented by kaz-bbphoto at 2012-01-19 23:20
希望を実現できるってすごく偉いことですね。

飛行機を撮っているとお友達が出来ますが、その中には
中学生だった子がもう大学卒業、今は連絡つきませんが、高校生の時も
管制官になるんだといって一生懸命勉強していました。
今高校生の写真友達がいますが、今年卒業してヘリの整備士になるため
専門学校に行きます。
別の子は管制官になるため、大学で英語を勉強すると言っています。
感心したのは、飛行機を追っかけて写真撮っている子たちは、飛行機に
関連する職業に就く将来像を描いているんですよ。
みんな、素直ないい子です。
私なんぞ、中学・高校のときは将来のこと、なーんも考えていませんでしたけど。
Commented by ken at 2012-01-20 13:13 x
アロハ!aloalo8さん

PALさんの息子さん、おめでとうございます!以前、PALさんには、ボクのくだらないブログにコメントを残してもらった程度のお付き合い(?)なのですが、道は違えど、夢を追いかけ続け、実現できなかったボクとしては、コメントせずにはいられませんでした。いやぁ、素晴らしいですなぁ。
そして、そんな夢追い人を応援し続けたaloalo8さん、素晴らしいですなぁ。
夢、持ち続けなくてはいけませんなぁ。。。
Commented by aloalo8 at 2012-01-22 23:46
★kaz-bbphotoさんへ
私も…中学・高校生…その後も将来のことなんてなーんも考えていませんでした。
ただ毎日を過ごしてる…って感じで…。
今の人生は私的には最高なんですが、
夢を持てなかったことには後悔してます。

kaz-bbphotoさんのお友達もみんな夢に向かって努力されてるんですね。
若者に…完全に負けてます、私。
でも、今からでも遅くない…夢を描こう!!

Commented by aloalo8 at 2012-01-22 23:46
★kenさん
アロハ!!
私が言うも何ですが…
ありがとうございます!!

kenさんは夢を追いかけたんですね!!
夢を持たなかった(持てなかった)私からすれば、
それだけでも凄いことに思えます。
大きい声じゃ言えませんが…
私が唯一持った夢と言えば…
「人生が終わるまでに吉川晃司と友達になる…」と言う、
他人が聞いたら「アホか!!」な夢です…。
Commented by 感謝、感謝、ありがとう at 2012-01-25 13:51 x
パルです。
みなさん、ウチの息子におめでとうの言葉有り難うございます。
彼の頑固さには親も脱帽です。
それにaloalo8さん、素敵な言葉で飾って下さり有り難うございます。
お宅の機長にはホントに決めの細かい心遣いをいただき、何度か空港でもお世話になり、
ともすると、モチベーションが下がりそうな気持ちを持ち上げて頂き感謝しております。

合格するまではただただ、夢が叶う事を願っていましたが、イザ、あと2ヶ月ほどでこの家を出て行くと
思うと急に寂しくなったりして、わがままな母親です。

この20年間彼と過ごした日々が走馬灯のように駆け巡っています。
近所の消防団に入団して夜中でも火事があったら駆けつけて行く息子はただ、制服を着て
敬礼するのが好きなだけなんじゃないかと思ったりもしましたが、そうではなかった様です。

合格発表から数日すぎてやっとこの後の事をゆっくり考えつつ、残り少ない日々をどうやって
すごそうかと考える毎日です。
Commented by aloalo8 at 2012-01-28 22:08
★PALさんへ
本当に本当におめでとうございます!!
そして…お疲れ様でした。

始めて息子さんにお会いした時は、まだランドセルをからった子供でした。
それがいつの間にか立派な青年になり、感動までもらうという…。
こちらこそありがとうございました。

一緒に暮らせる日々はあと僅かですね…。
旅立ちは嬉しいようで寂しいようで複雑ですよね。
我が家にもいつの日かそんな日が来るのかなぁ…。
残り少ない日々、毎日笑顔で楽しく過ごして下さい♪
って…PALさんは忙しくてドタバタですよね…。
by aloalo8 | 2012-01-19 17:11 | つぶやき | Comments(6)