小腸透視(ゾンデ法)

一昨日(木曜日に退院しました!!
怪獣さまの誕生日に間に合ったー!!

今日は「黒う●ち騒動」の検査の中で一番強烈だった検査をご紹介致します。
今後、小腸透視(バリウム)をされる方、是非ご参考にされて下さい。

小腸の透視と聞いて、
「山王病院でも一度したし、バリウムをぐびっと飲むだけやん、楽勝だぜ!!」
そう思っていました。

病棟の看護師さんに紙を渡され北病棟10階から透視の行われる「1B」目指して出発しました。
「1Bか…地下1階だな。」
ところが、地下1階に着くと様子が変です。
なんだか がら~ん としています。
ウロウロしてみたけど透視検査室が見当たりません。
ふと…「あ…霊安室。違う、多分、ここの階じゃない…。」
がら~んとした中に職員らしき人を発見!!
「ああ、この検査室は1階ですよ。1Bです。B1…地下じゃありません。」
赤面。 はい、私、間違えました(汗)

幸先悪いです。
気を取り直して1階「1B」を探したら、意外にもあっさりと見つかりました。
っちゅーか、ここの検査室、何回か来たことあるし。


* 内容と全く関係ない写真。(途中外泊したけど10日間お世話になったお部屋 6,300円也-)
a0090451_11324543.jpg

a0090451_1133366.jpg

a0090451_11332387.jpg

a0090451_11334191.jpg



「aloalo8さ~ん。こちらへどうぞ。」
呼ばれたので検査着に着替えます。
着替えて検査室に入り、はいはい、バリウムね。飲みますよ、飲みます。
そう思っていたら、先生が 「aloalo8さん、台の上に横になって下さい。」
「あれ?バリウムは飲まなくていいんですか?」
「あ、バリウムですね、鼻から入れます。」
な、なんですとっ!!!!!!!!!!

ここから先は地獄絵図です。
右の鼻の穴にジェルのような麻酔を垂らされます。
「吸ってくださ~い。」
吸えんし(涙)
「じゃ、管を通しますね。」
いややーっ!! っちゅーか、痛いっ!!!!!
「鼻の穴が小さいみたいですね、じゃ、左にしてみましょう。」
再び鼻の穴にジェルを垂らされ、吸います。
「じゃ、管入れますね。」
ぎゃーーーっ!! 痛いーっ!!
止めようと思っても止まらず、目から大粒の涙。
「こっちもだめか…じゃ、もう一度右で頑張ってみましょう。」
もーね、声も出んくらいの強烈な痛みです。
涙が「号泣か?」ってくらい大粒の涙が出ます。
何とか鼻を通過したかと思ったら、その管は喉に達しました。
「aloalo8さん、頑張って飲みこんで下さい!!」
が、がんばれんし、の、飲めって、飲みこめんし(涙)
でも、頑張らんと先に進みません。
せーので ごっくん!!
ごほごほごほげぼげぼげぼ~~~おえーーーっ!! ぐびっ。
何とか飲みこみました(涙)

しかし、ここからが本当にすごかった。
管を少しずつ、食道から胃、そして十二指腸くらいまで進めます。
苦しいし、痛いし、オエオエなるし、鼻は痛いし、もう、頭の中が混乱です。
「aloalo8さん、力を抜いて大きく息を吸って、はい、ゆっくり吐いて~。」
そうしてるつもりなのに両手と頭が痺れたような感覚です。
もうダメだ、もうダメだ、気を失えるもんなら失いたい…。
なんで小腸カメラの時みたいに鎮静剤使ってくれんとやろか(涙)
聞きたくても声が出ません。
ひたすら耐えて耐えて耐えて、待ちにまった先生のひと言。
「管が通りましたよ!!」

安堵。

「今からこの管の中にチューブを入れます。」 (多分そう言ったと思う)
な、な、何ーーー!! 
管を入れる時ほどの苦しみはないものの、それでも苦しい。

チューブを入れた後はお待ちかね(待ってないけど)バリウム投入です。
管を通るバリウムの冷たさ?を食道やら胃が感じます。
おえ、おえ、おえ~~~っ!!!!!
繰り返すこと数回。
その後は横向いたり、息を止めたり、お腹を押されたり、深呼吸して息を止めたり…全てが拷問です。
「aloalo8さん、次は空気を入れますね。」
まじかーーーーっ!!
この空気入れが、そりゃーもー、強烈です。
お腹が張り裂ける~~~!!!!!

バリウム投入、空気入れ、横向きうつ伏せ微妙な移動、深呼吸、息止めを繰り返すことを、
数えれんくらいの回数こなし、ようやく終了。
動いたり息を止めたりせないかんやったけん鎮静剤が使えんやったのね(涙)

拷問のような2時間を耐え抜いた後は放心状態でした。

終ってホッとした所に、管抜き。
これが、また、どーして!!
鼻を通過する時の強烈な痛みったらありゃしませんでした。

この検査、私の人生に2度目はない!!
もし 検査内容に「ゾンデ法」の文字を見つけたら、地球の果てまで逃げます!!


いろいろ書きましたが、痛みの感じ方には個人差があるので、
あくまでも参考に…ってことで。

参考にって思って書いたけど、脅し?よね。
これって。

恐るべし ゾンデ…。
[PR]
Commented by アリ音 at 2013-10-26 17:27 x
やっぱ、お仕置き=拷問。。。
こりゃあ、苦しかったのが よく判ります。そうよ、涙ぼろぼろよねぇ。
私、ここまでの拷問は 未経験ですが 絶対お試ししたくないわ。

病室は 個室だからかもしれないけど、綺麗で広々してますね。一泊6300円って、安いのか高いのか。。。。

で、検査は まだ続くの?
Commented by hide at 2013-10-26 22:50 x
お、退院しましたか!よかったですねオメデトー!
病室、三年前にワタクシが入院した病室にそっくりですな(笑)
さらにワタクシもチューブ挿入系はキライです!!
もうワタクシめが入れたチューブときたらもう・・・・あ、やめましょう(爆)
ま、ひとまず、早く元気になってくださいな♪
Commented by ken at 2013-10-27 15:11 x
アロハ!aloalo8さん

まずは退院、おめでとうございます!

この検査、初めて聞きました。よく、覚えておきます、この拷問・お仕置き検査。
バリウムということは、撮影もやったんですか?
すいません、つい仕事的に、気になりまして。。。
Commented by aloalo8 at 2013-10-27 15:23
★アリ音さんへ
最強でした、ゾンデ。
誰がこんな恐ろしい検査を考えてんだろう…
自分でやってみて商品化?したんだろうか…。

6300円の個室は良心的なお値段なんじゃないかと思います。

検査…外来で出来る検査がまだいくつか残ってます。
でも、確認したところ、ゾンデのような最強クラスの検査はないとのことで
ホッとしてます。
Commented by aloalo8 at 2013-10-27 15:24
★hideさんへ
はい、一旦退院です。
次に入院する時は…ゾンデではなく手術台の恐怖です(涙)

hideさんもチューブ系の被害者なんですね!!
チューブ仲間(爆)
これはもー、経験した人にしか分からん苦しさですよね。
気を逸らそうと他のことを考える努力をしても何も考えれず、
痛みと苦しみに支配されるという…。

Commented by aloalo8 at 2013-10-27 15:24
★kenさん、アロハ!!
ゾンデには要注意です!!
時間がいくらかかろうとも、普通のバリウムでやるべきです!!
あれ?普通じゃダメだからゾンデだったのか?????

撮影もやりました!!
っていうか…私が苦しみながら横たわる隣で、先生がモニター画面?を見ながら、
色々操作されてました。
体が画面の方を向いた時に、「問題の部分はここですよ。」とか、教えてくれました。
で、翌日、パソコンの画面で何枚も映像を見せてもらいました。
kenさんの為に検査風景の撮影をしとかなやったですかね(笑)
by aloalo8 | 2013-10-26 11:40 | つぶやき | Comments(6)