Hawaii 2017 武田翔太物語(10)

第1回目はコチラ → Hwaii2017 武田翔太物語(1)

Hawaii2017 武田翔太物語(9)からの続き…



奇跡!!
奇跡が起こりました!!


翔太を見つけた時の感覚って、車にはねられた時と同じような感覚でした。
記憶がぶっ飛んだり、戻ったり、回りが全く見えていなかったり、見えていたり…
(お時間のある方はコチラをどうぞ → 9月9日 事故の日

ふと、我に返ると、やっさんと怪獣さまとプリンセスが合流していて…
私がタオルを持ってボーっとしている間に、さっさと握手なんかしてもらっていました。(おいっ!!)

家族みんなで、奇跡の現場に、翔太の前に集合です!!

テンションMAX、針が振り切れんばかりの勢いの変な一家に詰め寄られ、
翔太は突然の出来事に、ビックリしたんじゃないかと思います。
そりゃそーよね、くつろいでいたところに、
オバサンがすごい顔して、すごい勢いで、タオル片手に駆け寄って来るっちゃもん。
若い女子ならアレやけどさ、オバサンよ、オバサン(涙)
その後からは、ウルサイ子供×2とオッサンやもん。

でも、翔太は、評判通り、いや、それ以上に素敵な人でした。
それに、カッコよかったー!!
イヤな顔ひとつせず、それどころか、思いやりのある優しい対応の数々…。
翔太に同行されていた方々も、暴走する我が家に呆れることなく、笑顔で写真を撮ってくれました。


この写真をブログに載せていいですか?と問うと、  
翔太は

「いいですよ。」

と快諾してくれました。
ってわけで、奇跡の幸せショットです!!

a0090451_12170937.jpg



やっさんなんて、どんだけ嬉しかったとよ!!ってな感じで、強烈な笑顔の写真もあります。
a0090451_12172209.jpg
オッサンからキラキラビーム大放出です。


怪獣さまとプリンセスは翔太と三人での写真もあります。
a0090451_12173411.jpg
え~の~子供はよ~。

こんな時、オバサンは可哀想なもんです。
っちゅーか、翔太とは子供でもおかしくないくらいの年齢差…
うん、遠慮しとってよかった…んだ…だ……


写真を撮らせてもらった後、怪獣さまはサインをもらい(ボールペンで)、
やっさんは動画を撮らせてもらい、 「ツーショットやで!! うらやましいやろ!!」 と、ご満悦。

それからは、機内に入るまで、ずっと一緒でした(感涙)

今考えても、何度振り返っても、翔太を見つけた時の、震えるような喜びは強烈に心の中に残っています。
居るはずのない人が、突如自分の前に現れた時のあの感情は、強烈です。
よく息が止まらんやったな…って思うほど、強烈でした。(ホント、マジ、やばかったよ)


翔太ご一行様が真っ先に優先搭乗していたら、この奇跡は起こりませんでした。
翔太、私たちを待っていてくれたのね(ないない)


武田翔太さま、本当にありがとうございました。
そして、ブログ内で「翔太、翔太」って呼び捨てにしてごめんなさい。
私たち家族は、大好きなハワイで奇跡が起きたことの感動を、
大切な家族の宝物にして、代々語り継いで(え?)いきたいと思います。
本当に…

ありがとう!! 



これで終わると思ったそこのあなた!!
ふふふ、まだ先があるのよ…







[PR]
by aloalo8 | 2017-02-17 12:24 | Hawaii | Comments(0)